べにふうきはネット通販でも購入可能

熊本で栽培している緑茶、べにふうきに注目が集まっています。その理由はメチル化カテキンと言う抗アレルギー効果のある成分が沢山入っていると言う事です。お茶の風味ももちろん良くて、淹れた段階で緑茶の風味がふんわりして、味はもちろん保障付です。実はこのメチル化カテキンは、紅茶に良く含まれている成分なのですが、このお茶に関しては、そもそも紅茶の優良品種として開発されたの物なので、緑茶なのにたっぷり入っています。このほかにも、同じく抗アレルギー成分が含まれているストリクチニンと言う成分も含まれていて、共にアレルギー体質の人にはそのアレルギー症状を制御する力があると言われています。例えばアトピー性皮膚炎や、もうすでに飛散しはじめている花粉症などにも効果が表れるそうです。熊本産ですが、インターネット通販などで粉末やティーパックなどの形容の物が購入出来ます。

花粉症に効果覿面なべにふうきを通販で

最近巷を賑わしている、アレルギー症状に良く効くと言う噂の緑茶、べにふうきをご存知でしょうか。枕CdB6とべにほまれを交配して出来たお茶です。緑茶でありながらも、紅茶の種類であるアッサム種に一番近い品種なのがちょっと、不思議な気がしますが、お茶に含まれるカテキンはもちろんの事、メチル化カテキンと言う成分を豊富に含んでいます。この成分こそが、アレルギー症状を抑える働きのある注目すべき成分です。この成分、アトピー性皮膚炎などのアレルギーや、この季節から飛散し始める花粉症などの症状も制御してくれます。その他にもタンニンなどの成分も含まれていて、発酵性がよいのも特徴のひとつです。とにかく体に良い成分が満載で、雑誌やメディアにも取り上げられている注目のお茶です。このお茶を、手軽にもっと全国にと言う願いから、通販で購入する事が可能です。花粉症対策に取り寄せてみても良いでしょう。

べにふうきのお茶を通販で買える時代が

べにふうきはお茶の葉の一種です。このお茶の葉はべにほまれとダージリンという2つの品種を意図的に交配させて誕生させられました。このお茶の葉は1995年に品種登録されましたが、メチル化カテキンという成分が葉に含まれています。この成分は抗アレルギー作用があるとされていますが、抽出方法に気を付けないと消滅してしまうことが判明しています。その抽出方法でこの成分が消滅しないようにするためには、紅茶でなくて緑茶にする必要があります。そしてその緑茶で飲むときは熱湯で煮だして抽出する必要があります。さらにそれを長時間放置しないうちに飲み切ってしまう必要も生じます。なお水で抽出してしまうとフェオホルビドという別の成分を生成してしまう可能性があります。この別の成分は光過敏性皮膚炎という症状を誘発してしまう可能性があります。ちなみにこのお茶は現在では、複数の業者の通販サイトなどで購入が可能となっています。